女性はいろいろ頑張らないとキレイを追求できません

もともと毛が薄いタイプではあったのですが、やはり年頃になりちょうどその頃脱毛サロンでの脱毛が流行りだした頃でもありました。
当時私はスイミングスクールのインストラクターとして働いていて、薄いといえどエチケットとして毎日処理をしていたところある日脇が黒くなっていることに気づきました。

色素沈着が起きていたのです。このままではまずいと思い某サロンで脇脱毛100円キャンペーンをしていた時期に契約しました。
最初はコンスタントに通っていたのですが段々と2カ月に1度という微妙なスパンにだらけてしまい足が遠のくように。

その後妊娠が分かり完璧に通えなくなりました。
出産後、以前より毛の量が減り、処理も1カ月に1度程度になったのですが、生まれてきた子が双子だったこともありますます処理がめんどくさくなりました。

生後半年で保育園に預け、社会復帰をしたのでこれを機に全身脱毛を契約しよう!と思いいろいろなサロンを検索。一番サービスもよく、値段も手ごろな所へ行きカウンセリングを受けてみるとネットに載っているのは一番安いサービスもほとんどないもので、すべてのサービスを受けようと思ったらあっという間に60万越え。

いくらショッピングローンを組み月々払うとはいえ、双子を抱える主婦が支払う金額ではないなと思い始め契約は断念しました。
子供が生まれる前、まだ自分にお金をかけられる時に通い始めればよかったなと少し後悔しています。
もう少し落ち着いたらしようかな…いや、でも高いなあ…の葛藤中。もう少し手ごろならいいのに。

 

1回で永久脱毛ができるといいな

 
最近、旦那に「なにその足・・・。」と言われる事が多い。
育児に追われ、ぶっちゃけ毛なんか剃ってる暇がない。泣

結婚前は、ちゃんと某脱毛店に通っていたけど、一回じゃ終わんないのが当たり前なわけで・・・
どんどん通うのが面倒になってきて、行くのをやめてしまった。
あの時ちゃんと行っとけばよかったよ。
良い子の皆さんはちゃんと最後まで行ってくださいね!(笑)

子供がいるとなかなか自由な時間はなく、脱毛に行く時間も無い。
途中までいっていたので、ちょぼちょぼと部分的に生えてくるのがまた見た目が悪いのだ。
本当、ちゃんと行っとけばよかった。独身のうちに。

まして、私の場合は切迫で入院までしていたから、お腹がどんどん大きくなってくると足の毛なんか尚更剃れなかった。
まあ、看護師さんも先生も足の毛なんか見てないだろうけどさ、こっちはかなり気にしてたし、恥ずかしかったよね。

もし願いがかなうなら・・・一回で永久脱毛できるといいな。

一回くらいなら、時間作れるから!いや、作るから!
 

私のムダ毛処理方法

 
私のムダ毛処理方法は、自宅で脱毛器を使って行う方法です。脱毛器を使ってムダ毛処理をする場所は足と腕です。

以前はカミソリでムダ毛処理をしていたのですか、カミソリ負けをしてしまい、肌荒れがとても酷かったです。カミソリでムダ毛処理をしますと、他にも、ムダ毛自体がとても濃くなり、太くなりました。

あとは、ムダ毛処理をする間隔も短いので、手間がかかっていました。一番嫌なのは、ムダ毛が生えてくる途中のあのチクチクとした肌触りです。

このような事から、私は、ムダ毛をカミソリでの処理から、脱毛器での処理の方法に変えました。そうしましたら、肌荒れがなくなりました。

そして、今ではムダ毛自体が少なくなり、薄くなったような気がしています。根元からムダ毛を抜く事によって、生えてくるペースに時間がかかるので、ムダ毛処理をする間隔もあき、手間も省けています。

一番不快だった、チクチクとした肌触りも今は気にならなくなりました。私はこれからも、脱毛器でムダ毛処理をし、誰に見られても恥ずかしくない肌でいたいです。

 

カミソリでムダ毛処理する時のコツ

 
ムダ毛処理の方法にはいくつかのものがありますが、一番多くの方が行っている方法といえばカミソリで剃る方法です。
しかし、正しい方法で行わないと肌を傷つけてしまいますから、充分に注意しましょう。

まず、カミソリは切れ味の良いものを使いましょう。
切れ味が悪いと同じところを何回も剃ったり、肌に押し付けて使ってしまい肌を傷つけてしまいます。

また、剃る前にはシェービングジェルなどの滑りを良くするものを塗り、肌との摩擦を極力避けるようにしましょう。
石鹸を付けて剃っている方もいますが、洗浄成分でできている石鹸だと肌の潤いが奪われてしまって、乾燥やカミソリ負けを起こしやすくなるので、使わないようにしましょう。

毛の流れに沿って剃るようにして、カミソリを往復させたり何回も同じところを剃らないように気をつけてください。
逆剃りや同じ場所に何度も刃を当てることで、どんどん角質が削られてしまいます。

アフターケアをしっかりと行って、保湿ジェルやクリームで肌を保護してあげてください。
処理した肌の表面はとても敏感になっていますから、保湿は重要です。

 

私がスキンケアに使っているもの

 
私は年齢とともにお肌が潤い不足でハリがなく、なんとなくくすんできたなと感じました。そこでスキンケアを見直してみることにしました。コエンザイムQ10は以前から気になっていて、どこのブランドにしようか考えてました。

最近忙しく百貨店の化粧品コーナーまで行く時間がないので、通信販売にしようと思いました。以前使っていたDHCにQ10シリーズがあるのを思い出して使ってみることにしました。まず化粧水もクリームも黄色いのに驚きました。でもこれは自然の色なので問題ないとのことでした。

実際に肌につけてみると、ベタベタしないのにすごく潤います。小じわがすぐに目立たなくなって、法令線も段々気にならなくなったような気がします。ハリやたるみは変わったかあまり気にしていませんでしたが、久しぶりに知り合いにあった時にたるみが減っていると言われて嬉しくなりました。

美白効果もあるようで、少し白くなったと思います。冬場はいつも乾燥が気になるのですが、化粧水を2回つけて同じシリーズの乳液とクリームだけで全く平気になりました。
これからも使い続けていきたいスキンケアです。

 

レンジで出来る?!お手軽美容法!

 
女性ならどんな時でも、美しくありたいと願うものですよね。

週に何日もエステに通い、美容院でのトリートメントを欠かさず、高い基礎化粧品をシリーズで揃える。

夢のようですが、実際にここまで出来る人はそう多くありません。私自身、子供が小さくて自分に構う余裕がなかったり、時間に追われ気付けばいつも手抜きだったり……。最低限のケアすら出来ずに自己嫌悪に陥ることも。

“綺麗なママ”なんて、所詮はテレビや雑誌の中だけの、現代におけるおとぎ話じゃなかろうかと、ついついひねくれたくもなります。
けれど、羨んでいるだけでは永遠に美しくなんかなれません。
お金をかけず、毎日ほんの少しの時間と手間で出来る美容法はないものかと考え、以前テレビで見たある方法を思い出し、やってみることにしました。

それは、『化粧水をレンジでほんの少し温めてから使う』です。使用するのは何千円もするような高級品ではありません。おやつと一緒にスーパーで買った千円以下のプチプラです。

お皿に五百円玉大の化粧水を出し、レンジで五秒ほど温めます。これだけです。あとは温度に注意しながらいつも通り化粧水として使います。とても簡単なのですが、温めたおかげで少しパッティングするだけで浸透力が驚くほど違います。あとは子供たちにボディクリームを塗ったついでに自分の顔にも塗れば、“自己流ケア”は完成です。

これなら、子供たちに入浴後の水分補給をさせている間にちゃちゃっと出来ます。今日より明日はちょっと美しく、と願いながら今日もお風呂上がりの子供たちを追いかけ回します。

 

体の毛が処理できて綺麗になると次は顔の産毛が気になる

 
私はもうかれこれ10年近く、体毛に関してはカミソリや除毛クリーム、毛抜きやローションなどを使って自己処理を行ってきました。それらにも限界を感じたここ数年は脱毛サロンに通い始め、たまに気になった時に肌に負担の少ない電気シェーバーで処理する程度で済むほど、ほぼ綺麗になりました。

しかし、体の毛が処理できて綺麗になると、次はあまり気にしていなかった顔の産毛が目につくようになり始めました。

実際のところ、額や頬、顎、鼻下の口角のところなどの毛は、脇やデリケートゾーンほど剛毛ではありませんし、至近距離からでしかわからないほどですが、それでもやはり気になってしまうのが女心というものなのか、顔脱毛もしたいと思い調べてみました。

私が今通っている脱毛サロンでは顔は施術箇所に含まれておらず、以前通っていたサロンでは鼻下だけ含まれているので、最近はそこに再び通い始めたのですが、顔全体の脱毛となるとあまり見当たらないように思います。

 

保湿とスキンケアの仕方のおさらい

 
秋冬になったら、肌をしっかりと保湿することが大事です。
寒くなってきたら肌が乾燥しやすくなって、乾燥からニキビが出来るようになるので保湿性にたけている化粧水や乳液を使ってしっかりと保湿するようにしましょう。

「しっかり保湿する」といっても、バシャバシャと顔に叩き込んだらいいというわけではなく
肌には1回あたり取り込める化粧水の量が決まっているので、それに沿って肌に塗るようにしましょう。

肌に塗るのに適した量は化粧水によって差があり、化粧水や乳液のボトルの裏側に「~プッシュ分」という様に書かれているのでそれに合わせてケアしていきましょう。

サイズとしては、手のひらに対し500円玉1枚分程度の大きさがベストだと言われています。
ケアをするときも、パッティングで顔を叩くようにしてやるのはおすすめしません。肌にとって刺激になって、反対に肌荒れのきっかけになったり化粧水が手からこぼれて塗り切れなかったりするので化粧水は手のひらに広げてから手の体温とともに顔にゆっくりと当てるようにして馴染ませましょう。

 

脱毛サロンへ行くなら早めがいいですよ

 
ムダ毛って本当に要らないですよね。
私はわりと毛深いほうだったので、子供の頃から本当に悩んでいました。いつもカミソリ負けで肌を傷つけていたし、剃り跡がブツブツと汚くて。それに、剃っても抜いてもすぐに生えてくる…。

この先どのくらいムダ毛処理に時間とお金と労力をかけるのだろう、と途方に暮れ、あるときから脱毛サロンへ通うことを検討しました。
結果として思うのは、脱毛サロンへ通うのは早ければ早いほどいいですよ!
なぜなら、脱毛が完了するにはかなり時間がかかるからです。

脱毛に興味のある方は、まずはお試しとして安く施術を受けられるサロンを探すことをおすすめします。
ホットペッパービューティーで探したり、「地域名 脱毛」などと検索して近所のサロンを探してみてください。

私は、CMを見て気になった「ミュゼプラチナム」が、その当時ワキの脱毛が満足するまで何度でも通えるという内容で100円という低価格だったので、予約をしました。

痛みは、最初は少しびっくりしましたがすぐに慣れます!
本当に親切で、勧誘もないサロンなので安心できるかと思います。

効果に関しては、私は6回通いましたが少し減ったかな?程度であまり感動するような変化は見られず一旦通うのをやめてしまいました。
ワキは相当時間がかかるみたいです。

もちろん、納得するまで何度でも施術を受けられるという契約内容なので、また通うことも検討しています。

 

脱毛を続けてよかった肌の変化

 
思春期の頃から無駄毛が濃くて、いつもカミソリで一生懸命無駄毛を剃っていました。

しかし、カミソリで自己処理を続けていると肌が黒ずんでかなり色素沈着したり、肌の毛穴のブツブツが大変目立ってしまう状態になった点がコンプレックスで、脱毛エステで脱毛をするようになりました。

肌がくすんだり、頻繁な自己処理のせいで毛穴が広がって目立つ状態で悩んでいましたが、脱毛を始めてからは黒々と太い無駄毛がたくさん生えていた肌も、産毛が僅かに微量生える程度まで毛を薄くすることが出来ました。

脱毛をすれば徐々に毛の成長を抑制出来ますし、無駄毛処理をする手間や頻度もかなり減らすことが出来るので、スキンケアも楽になりますし、無駄毛の黒さや毛穴の肥大のせいで肌が汚く見えてしまうことも激減します。

脱毛をしてからは肌全体が明るい印象になったり、以前より格段にきめが細やかになったり、肌の毛穴も全体的に綺麗に引き締まってくれて大満足しています。

素肌を出すファッションにも自信を持てるようになり、スポーツクラブで水着を着ることも怖くなくなって嬉しいです。

チェック⇒ミュゼ カウンセリング予約