無理なく糖分の摂取を減らす生活にしてみた結果

無類の甘党の自分ですが、肌の健康の為店で売られているお菓子などは原則として食べない方向で頑張っています。勿論、カレールーなどに入っている糖分、食パンなどに含まれている砂糖は摂り入れていることになるので砂糖抜きとは多少異なりますね。

時折り、息抜きのためにプリンを食べたりすることもあるし。ただ、市販のお菓子に含まれている砂糖の分量はメーカーごとに入れている量があるのでどのくらい使われているのか不明です。
唯一わかるのはカロリーです。砂糖のとり過ぎはカルシウム、ビタミンを奪ってしまいます。

なので、どんなに食べるものに気を遣って野菜をたくさん食べたとしても、甘いものばかり食べていればせっかくのビタミンも肌の為に使われないという結果に至ります。

そんなわけで無理なく糖分の摂取を減らす生活にしてみたのですが効果は感じます。
まず顔色がよくなったなぁと鏡を覗いた時に思うし、メイクのノリも良いです。身体の水分が程よく保たれるようになるのか、むくむことが無くなってきました。

お菓子には砂糖だけでなく塩分も含まれている場合が多いですね。サプリなどで補うよりは、お菓子を我慢した方が費用もかからないし、肌質もつるんとしていいですね。

年を取るにしたがいお腹周りや腰回りの下半身、そして背中にまでぜい肉がつくようになったなと身にしみて思います。加えて衰える気配を見せずに増えてゆく体重。

そうすると見た目は年齢以上ですよね。なので私が年齢美容のために一番気を付けていることは「体重を増やさない・スタイルを崩さない」です。これがなかなか簡単なようで難しいです。

女の人にとって体形が崩れるきっかけはやっぱり出産後です。出産で緩んだ骨盤をしっかり閉めなければ、体形が崩れる原因になります。

そのため、わたしは出産後すぐに骨盤にさらしを巻き付けることと骨盤矯正に通ったり、その他にも家で軽い骨盤スクワットなどを徹底的にやってみました。これによって、産後でもそんなに体重の増減と体型の崩れはありませんでした。

だけどやっぱり産前よりはボディラインが醜くなったなと感じることがよくあります。この先も今まで以上に努力しないとスタイル維持は難しいと思います。地道な努力をおこたらず、これから先もボディケアに関してきちんと管理していきたいと考えています。